• トップ /
  • 注文住宅の建設費用の考え方

建設費用の重要性

注文住宅の建設費用の考え方

注文住宅の建設はパートナー選び

建設業を営むうえで、営業に関わる費用とは何を指すのでしょうか。古い考え方でいくと、大工は職人だからいい家を建てればいい、注文に応じた仕事をすれば客はおのずとついてくる。こんな考えが支配する会社に注文住宅を頼むと色々負担が余分にかかってきます。その点を、うまく解消して説明してくれるのが販売会社の営業マンです。住宅を購入するということは、総合プロジュースです。信頼できるパートナーがいて初めていい家が建つのです。そのために住宅会社の営業が存在します。彼らは、技術職ではありませんから家の建て方には詳しくありません。しかし工事の流れはプロの営業として建設するためのスケジュールは心得ています。注文住宅は、設計から始まって、銀行の住宅ローン、建築は住宅の施工会社と個別に頼んでいくことは難しいです。その間に立って仕事をするのが、販売会社の営業マンです。建築途中で追加費用は当たり前の世界です。それを説明してくれる役割を果たします。例えば、住宅会社への支払期日なのに融資が実行されない。土地を購入したが、その後造成工事や地盤改良工事が必要だったというトラブルが発生することがあります。このようなことがないように、工事の全般を取り仕切るのが販売会社です。上棟式や地鎮祭、ご近所へのあいさつ回りの費用を考えていなかったなどが発生します。表面には表れない費用がかかることを理解すべきです。家を建設することは、良心的に寄り添ってくれるパートナーがいることだということを忘れてはいけません。

建設の深い情報

↑PAGE TOP